2014年04月28日

医療事故・医療ミス問題を早期解決へ導く基礎知識

医療事故・医療ミスの問題をなるべく早く解決するために知っておきたい基礎知識を見てみましょう。

医療ミス・医療過誤にあたる行為ってどんなこと?
医療ミス・医療過誤とは、厚生労働省によって下記のように定義されています。

医療ミス(医療過誤)の定義
(厚生労働省「リスクマネージメントマニュアル作成指針」より)

医療従事者が医療の遂行において、医療的準則に違反して患者に被害を発生させた行為

簡単に言えば、医療事故においてその原因が人為的なものであり、医療従事者が適切な対応・適切な処置をしていれば防げたケースのことを言います。

医療ミス(医療過誤)に該当するケース
(適切な対応・適切な処置をしていれば防げた一例)

症状や造影などの見落としで適切な医療処置が行われなかった場合
手術中の判断ミス、麻酔ミス、執刀ミス、連携ミスなど
薬物投与時におけるミス(種類の間違い、投与間隔のミス、過剰投与など)
説明義務や経過観察の怠慢行為
手術後の合併症や後遺症(手術前にそれらのリスクについて説明がなかった場合)

などなど、医療ミス(医療過誤)の事故においては、医療機関側に上記のようなミスがあったかどうかが重要なポイントとなります。

これって医療ミス・医療過誤じゃないの?と感じたら、一人で悩む前にまずはMESC無料相談をしてみましょう。
(医療ミスの相談は必ず医療ミス専門の機関に相談するようにしましょう!!)

  医療ミス・医療過誤の無料相談はこちらから!!

      ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

MESC1.png




posted by かぼすちゃん at 12:53| Comment(0) | 医療ミスの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。